『うまんちゅ定例講座』第10回「市町村合併の財政への影響」(最終回)開催いたします!

『うまんちゅ定例講座 法と政治の諸相 』

第10回 「市町村合併の財政への影響」(最終回)

日時:2017年10月14日(土)午後2時から午後4時
場所:5号館107教室
講師:平 剛(法学部 准教授)
概要:「平成の大合併」により、全国で3,200余りあった市町村の数は、現在、約1,700団体にまで減少した。沖縄県内においても、2002年から2006年にかけて5件の合併により市町村の数は53から41団体へと、12団体減った。
「平成の大合併」から10年以上経過し、合併に伴う種々の財政的な措置の期限切れが迫りつつある中で、学会等においてもあらためて合併の効果や影響等を検証する研究が進められている。
今回は財政データの分析を通して沖縄県内の合併市町村の特徴を抽出し、そこでの課題等について検討してみたい。

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

      公開講座情報
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
経営広報役員室
TEL:098-893-7629
FAX:098-893-8930
 

ページの先頭へ戻る