2017(平成29)年度 うまんちゅ定例講座 第3回「外国軍隊・軍事基地の国際法と人権」を開催いたしました!

2017(平成29)年度 うまんちゅ定例講座 第3回
「外国軍隊・軍事基地の国際法と人権」
(講師:新倉 修 青山学院大学 名誉教授)を開催いたしました!


この講座が行なわれた日(2017年7月8日)の前日、2017年7月7日に「核兵器禁止条約」が国連で採択されました。この「核兵器禁止条約」も国際法にもとづいた条約です。核兵器禁止条約に関しては、日本は核軍縮を前進させるためには核保有国と非保有国の協力が不可欠との立場からこの条約に反対しています。国際社会を規律する様々なルールを総称した国際法。今回の講座では国際法の歴史と成り立ちを前置きに、沖縄とは切っても切り離せない基地問題と国際法、それに基づく人権について熱心に解説しました。






〜今回受講して下さった皆様の声〜

●国際法と戦争についてより興味が深まった。今日、北朝鮮や中東の情勢を考慮すると各々が意識すべき課題である。
  
●昨日、核兵器禁止条約が可決されたという事を知り、良い事だと思いましたが、日本は署名していないと聞き驚きました。憲法九条の中にある「戦力の不保持」は変えるべきではないし、変える余地も与えるべきではないと思うので核兵器禁止条約安を日本も取り入れて欲しいと思った。

●今の日本の政治の現状、人権の事、核兵器について、戦争に向かうような法や方針をなくそうという話が聞けた。様々な話を聞いてこれまで気づかなかった事にも気づけて様々な問題にも気づく事が出来た。

●外国軍隊の問題は沖縄でも大事な事なので、国際法についてもう少し他国の事例の説明があればいいと思います。

などなど・・・

回答して頂いた皆様、ありがとうございました。
今後さらにより良い講座を提案できますよう、ご指摘頂いた面は改善できるよう取り組んで参ります。


次回のうまんちゅ定例講座は・・・

2017年7月29日(土)15時〜17時です。
場所は、沖縄国際大学 5号館 107教室

沖縄国際大学 総合文化学部 講師  安原 陽平による 『学校と人権-校則と子どもの人権のこれまでとこれから-
鹿児島大学教育学系 講師 城野 一憲 『高校生の「政治活動の自由」の現在』
とゲストをお招きしての二本立てとなっております。
また、今回は開始時刻が1時間繰り下がっての15時の講演スタートとなっておりますので
お時間をお間違えないようご注意下さい。


みなさまのご来場お待ちしております。

キャンパスマップ

サイト内検索

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

      公開講座情報
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
経営広報役員室
TEL:098-893-7629
FAX:098-893-8930
 

ページの先頭へ戻る