2016年度 沖縄国際大学 うまんちゅ定例講座
「しまくとぅばルネサンス」

 近年、琉球諸島(奄美沖縄地域)における伝統的な言語が消滅の危機に瀕し、それらをいかに受け継ぎ、後世に伝えていくかが喫緊の課題となっています。
沖縄県では2006年に「しまくとぅばの日」が条例化されており、また、ユネスコが2009年に「奄美語」「国頭語」「沖縄語」「宮古語」「八重山語」「与那国語」を『危機言語』に指定して継承への取組を促すなど、保存継承活動が活発にはなってきています。しかし、実際に効果が上がっているかどうかは不分明な部分が多いのが現状です。
 本講座では、総合文化学部の教員が「しまくとぅば」あるいは「地域語」をめぐる現状と課題について、「言語」の視点のみならず、「芸能」「文学」「教育」「文化交流」といった様々な分野から考察を行っていきます。さらには、琉球の地域は勿論のこと、台湾、香港など「地域語」と「中央語」との対立構造がある他の地域における現状も紹介し、琉球における言語復興運動『しまくとぅばルネサンス』に活かしていく方法を模索します。
私たちのすぐそばにある言葉。身近にあるものだからこそ、忘れてしまっていたり、本当の意味は知らなかったりしませんか?その言葉について考えてみるのも良いのではないでしょうか。皆様の生活を豊かにするエッセンスとしてお役に立てれば幸いです。たくさんの方々の受講をお待ちしております。


受講料無料・事前のお申し込みは不要です。

【主催】
沖縄国際大学公開講座委員会

【開催日程】 
下記の「うまんちゅ定例講座一覧」に記載の予定で開催いたします。各講座の概要につきましては、今後掲載していく予定です。

★いずれの回も時間と場所は以下の通りです。
  時間:午後2時から午後4時
  場所:沖縄国際大学 5号館 107教室  ※教室については変更になる場合もあります。

※台風時は、原則として、開催日当日の午前11時現在、暴風警報発令中の場合、 講座は延期となります。午前11時までに警報が解除になった場合は、予定どおり開催いたします。

2016うまんちゅ定例講座一覧


日程     実施予定月日           個別テーマ                                担当者

第1回  平成28年6月11日 (土)  「琉球文とシマ言葉」                               狩俣恵一

第2回  平成28年6月18日 (土)  「しまくとぅばと学校教育                             田場裕規

第3回  平成28年7月9日 (土)      「ベッテルハイム『英琉辞書』と漢語 」                           兼本敏

第4回  平成28年7月16日 (土)    「『沖縄文学』の挑戦―沖縄を描くことばの創造」               村上陽子

第5回  平成28年7月23日 (土)    「崎山多美の文体戦略」                            黒澤亜里子

第6回  平成28年7月30日 (土)    「香港における言語状況―トライグロシアへの軌跡と課題」         李イニッド 

第7回  平成28年8月6日 (土)  「琉球語の表記について」                             仲原穣

第8回  平成28年8月20日 (土)  「琉球民謡にみるしまくとぅばの表現」                    西岡敏


第10回 平成28年9月17日 (土)   「南琉球におけるしまくとぅばの現状―多良間島を中心に 」         下地賀代子

第11回  平成28年10月1日 (土)   「うちなーやまとぅぐちから見る沖縄の言語教育」                  大城朋子

第12回  平成28年10月8日 (土)   「現代台湾における原住民母語復興の取り組みと課題」            石垣直

第13回  平成28年10月22日 (土) 「琉球諸方言の継承は可能か―何をすれば可能になるか」           狩俣繁久

 

ページの先頭へ戻る